公益社団法人 全国学習塾協会

学習塾講師検定とは・全体像

学習塾講師検定とは?

近年、私学志向や公教育の補完ニーズ等を背景に、学習塾を利用する児童・生徒数は増加傾向ですが、その講師については、約6割が大学生を中心とした非正社員である実態が指摘されるとともに、その課題として「定着率の低さ」「能力開発機会の不足」「講師の能力評価に関する客観性の欠如」等が挙げられています。

これらの課題を踏まえ、公益社団法人全国学習塾協会では、各学習塾における優秀な人材の確保・育成を図るために、学習塾講師能力評価システムの構築に取り組み、学習塾のミッションと期待される講師像を定義した上で、「学習塾講師集団指導1級(以下、集団指導1級)」「学習塾講師集団指導2級(以下、集団指導2級)」及び「学習塾講師集団指導3級(以下、集団指導3級)」検定試験の枠組みを設計しました。

検定で何を審査するかは、主として次の点です。

■塾講師には「個別生徒の状況に応じて臨機応変に対応する能力」等が不可欠であり、塾講師の個性なども重要視されますが、本検定試験では、学習塾講師が身につけるべき事項のうち『共通して求められる知識・技術・能力』、『客観的に判断しうる知識・技術・能力』を対象範囲に限定します。
■映像によって評価者が審査を行う検定試験の性質上、本検定試験の評価対象は『塾講師の行動』となります。つまり、知識・能力・技術が行動に現れていない場合は評価しません。塾講師の「意識」も行動に現れている場合のみ評価するものとします。

学習塾講師検定は、『テキスト学習・筆記試験』と『実技試験』の2つの段階を有しています。集団指導2級の合格を認定されるためには「『テキスト学習・筆記試験』の受講及び受験と『実技試験』の受験」が求められます。

たとえば、検定の認定者要件[PDF]を満たす場合には、それぞれ「学習塾講師 基礎知識学習・筆記試験修了証」又は、「学習塾講師 集団指導3級認定証」、「学習塾講師 集団指導2級認定証」、「学習塾講師 集団指導1級認定証」が発行されます。

学習塾講師検定制度の全体像

学習塾講師検定制度の全体像

学習塾講師検定制度を含む講師能力評価システムの全体像は、上の図の通りです。

『自己啓発・能力開発を促すコンテンツ』は、塾講師に共通して求められる知識・技術・能力をまとめたコンピテンシー(スキル)ディクショナリ及び学習塾講師自習用DVDを作成し、普及させることで、若手塾講師の自己啓発を促すことを目的としています。

『評価システム(検定試験制度)』は、コンピテンシー(スキル)ディクショナリや学習塾講師自習用DVDで学ぶ事項に連動させる形で評価項目を設定しています。 両者を体系的に整備することによって、特に初心者である塾講師にとって、能力開発の基準や初期段階のキャリアアップパスが明確になり、自ら自己啓発・能力開発を進めることができることになります。

ページの先頭へ