社団法人 全国学習塾協会

集団指導2級試験

集団指導2級試験実施要項[PDF]

受検内容について

■集団指導2級・テキスト学習
テキスト学習は。学習塾講師としての「基本的マナー」「初歩的な心構え」を身につけることを目的に、指定のテキストに沿って、知識の習得を行います。
■集団指導2級・筆記試験
筆記試験は、学習塾講師としての「基本的マナー」「初歩的な心構え」を身につけることを目的に《基本的マナー確認試験》と《担当科目理解度試験》を実施します。《担当科目理解度試験》の受験科目は「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」から1科目選択します。レベルは公立高等学校入試試験問題です。また、実技試験ではその科目による模擬授業の映像を提出していただきます。
■集団指導2級・実技試験
集団指導2級・実技試験

集団指導2級実技試験は、筆記試験の合格者を対象として、受験者本人の模擬授業映像を、協会が選定した複数の公認審査員による規程に定めた「学習塾講師検定【集団指導2級】評価マニュアル」に従って評価を行います。集団指導の学習塾講師として所定の基準点を満たしていると判定された者を合格とします。

受験者の皆様は、「学習塾講師のコンピテンシーディクショナリ」、「学習塾講師検定【集団指導2級】評価マニュアル」をよくお読みください。

そして、コンピテンシーディクショナリ記載の「求められる行動基準」が、皆様の模擬授業映像に行動として表れているかを審査員が審査します。また、「学習塾講師検定【集団指導2級】評価マニュアル」に記されている採点方法や審査手順について、理解しておくことをお勧めします。審査手順に記すように、模擬授業映像を「Ⅰ 導入」、「Ⅱ 展開」、「Ⅲ まとめ」に分けて採点していくことを理解して模擬授業の撮影に臨んで下さい。

受検費用・申込(新規の方)・承諾事項・合否通知について

提出書類様式ダウンロード

ページの先頭へ