お子様と保護者様の安心・安全

お子様の安心・安全のために「学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン」や「学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を定め、それを実践するよう普及推進しています。
お客様の安心・安全のために、学習塾事業を行う上で事業者が守るべき基本的事項として「学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準」を定め、それを実践するよう普及推進しています。
また、お客様の大切な個人情報を守るために「学習塾認証基準」や「プライバシーマーク制度」によって、個人情報の保護を定め、普及推進しています。

子様の安心・安全のために

子どもの安全確保ガイドライン

「子どもの安全確保ガイドライン」策定の背景・経緯

平成15年1月から10月までに15歳以下の子どもを狙った事件が126件発生したことや同年10月にそろばん塾からの帰宅途中に8歳の女子児童が不審者に拉致されるなど、通塾時の子どもの安全が脅かされる事件が起きました。
当協会では、平成16年3月に、以下の防犯対策を定め、学習塾事業者に対して取り組みの推進を呼びかけました。

1.開始・終了時間の保護者送迎等の促進

2.防犯ブザー、ホイッスル等防犯具の配付・貸与及び携行の周知徹底

3.不審者情報・事件情報の収集・提供等

そして、平成17年12月10日、京都府宇治市の学習塾において女子児童がアルバイト講師に刺殺された事件が起きました。これを受けて、当協会は、事件の翌日に一般消費者ならびに学習塾事業者に対する緊急声明を決議するとともに、即時に当協会のホームページに声明文を公表するとともに、学習塾業界における安全対策のさらなる推進を図るべく動き始めました。
緊急声明文公表の翌日12月12日、経済産業省は当協会に対して、「学習塾における児童生徒の安全対策について」という通達を行いました。その内容は、「学習塾における安全を重視した学習環境の整備や教職員の資質の向上、通塾時における安全の確保等について早急に検討し、同基準を踏まえた詳細なガイドラインを新たに定めるとともに、貴協会傘下会員に対する指導を行う等、学習塾における児童生徒の安全を確保するための万全の方策を早急に講じる」ことです。
具体的には、以下3点について、学習塾事業者等に対して、その事業理念や事業規模あるいはその事業形態にかかわらず、事業者が遵守すべき共通の基本的方針を「学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン」として提示するということです。

①通塾時における安全の確保

②学習塾教職員の資質の向上

③学習塾における安全を重視した学習環境の整備

協議を経て、学習塾に通う子どもの安全確保ガイドラインは平成18年3月16日に 内閣府、警察庁、文部科学省、経済産業省からなる 四省庁局長会議に提出され承認を得て、公表されました。
今後は、さらなるガイドラインの普及に努め、学習塾事業者のみならず、子どもを対象とした業に携わるあらゆる事業者及び事業団体においても、本ガイドラインを子どもの安全対策を構築する際の一助として活用していただきたいと考えています。

学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン(概要)

学習塾に通う子どもの安全確保について

学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン・各種マニュアル

FAQ

新型コロナウイルス感染症対策について

日本国内において新型コロナウイルス感染症(以下「感染症」という。)が発生した場合、感染を拡大させないために学習塾事業者の適切な感染対策の実施が必要不可欠です。
令和2年、政府の感染症対策専門家会議において、「業界ごとの感染拡大予防ガイドライン」の作成が求められたことを受け、学習塾業界においては、当協会がガイドラインを制定・施行しました。

学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策について

学習塾における地震等防災対策について

キュリティ対策のために

学習塾における個人情報保護